読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃれについてうだうだ考えるブログ

おしゃれ・美容に興味を持ち出したアラサーOLのブログ

歯のホワイトニングをしてきました

注:口腔内写真があります

 

こんばんは。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

 私はホワイトソースのパスタを探して、

近所をうろついておりました。

 

というのも、今日初めて歯のホワイトニングを

してきたからです。

 

施術後、歯科衛生士さんに

24時間経つまでは色がないものや白いものを食べてくださいと言われ…

 

おすすめ食べ物は

「白米・しらす・じゃがいも(塩で調理したもの)・大根(塩で調理したもの)・ヨーグルト・ホワイトソースのパスタ…」

という選択肢だったので

パスタ!!パスタ一択!!と思いチェーンのパスタ屋さんに駆け込みました。

 

この世の食べ物って殆ど色がついてるんですねぇ。

 

…というわけであくまで私の体験ではありますが、実際ホワイトニングしてみた感想を下記に書いていきたいと思います。

 

☆かかった費用・・・ 15,000円(税抜)

 

☆かかった時間・・・施術時間は70分(説明含むと90分くらい)

ホワイトニングは

要は漂白ってことらしいのですが、歯に薬剤を塗る→光を照射する、という工程を3セット繰り返しでやってくれました。

 

時間が長いので口をずっと空けているの大変そうだよなぁ、と思っていたら

口を強制的に空いた状態にするマウスピース??的なものを装着した状態でやるので

自力で口を空けておく必要はなく意外と楽でした。

 

照射の光を目で浴びないよう顔にタオルもかかっていたので、暗い視界でリラックスしすぎ、最中は少しウトウト(。-ω-)zzz

 

唾液はたまってもなるべく飲み込まないでくださいと言われたのですが、特に器具で吸ってくれるわけでもなく何回か飲んでしまいました…。

 

(吸ってくれ~!!と内心思ったが、喋れない状態なので伝えられず)

 

☆効果・・・

befor

f:id:yoko454:20170325212316j:plain

 

 

 

After

f:id:yoko454:20170325212357j:plain

 

うん、随分白くなりましたね。

 

効果の出方は個人差があるそうなのですが、歯科衛生士さんによると私は白くなりやすい方だとのことでした。

 

ちなみに全部の歯に施術しているわけではなく、左右とも中央から数えて4本目まで。

どこの歯科医院も、口元から見える前歯部分のみを対象としてやっているようです。

 

☆痛みはあるのか?

施術中は痛くなかったです。

事前に少し薬剤がシミたりするかもしれないと言われていましたが、2回ほどちょっとズキッとしたくらいで、一瞬だったので気になりませんでした。

 

術後に関しては

一時的に知覚過敏のような状態になるらしく、パスタ食べている時にズキーン!!と強烈なシミが一度来て、これか!!と思いました。

あと、外で歯が風に吹かれた時にイテテとなった。

 

私はそこまで気になりませんが、人によっては痛み止めを飲んだりする方もいるみたいです。

 

シミ防止には普通に市販のシュミテクトで効くと言われたので、薬局でそれも購入。

 

 

薬用シュミテクト やさしくホワイトニング 90g 【医薬部外品】

薬用シュミテクト やさしくホワイトニング 90g 【医薬部外品】

 

 

 

ホワイトニング効果もある商品みたいだし、再着色も防止できそう♪

 

(↑一回ホワイトニングしても、日常生活で飲食していると また少しずつ着色はしてしまうらしいのです)

 

まあ、私の場合は明らかに好物の紅茶の飲みすぎが原因だった…と自覚しているので、今後は水とかも飲むようにして効果を持続させたいなぁ(*´ω`*)

 

では!

 

おしゃれをするコストとメリット

おしゃれにかかるコストと、得られるメリットについて
思いついたもの・調べたものを
一通りまとめてみました。


<コスト>

・服を選んで買う労力・お金

・服を洗濯、手入れする労力

・コーディネートを考える労力


洗濯はおしゃれに無頓着でも多少は手間が発生するものですが、

買物とコーディネートは
こだわればこだわるほど、結構時間を費やしてしまう気がします。


新しい服を着るのって楽しいことではあるのですが、

コーディネートがうまくまとまらなかったりすると
逆にストレスになってしまうこともありますよね…。

なるべく、快の部分を増やし不快の部分を減らしてゆきたいものです。




<メリット>

・社会的信用が得られる

・自分に自信が持てる

・異性にモテやすい

・自分がどんな人間か服装でアピールできる

・(女性の場合は)同性に尊敬してもらえる

・マウンティング防止になる



社会的信用
→ちゃんとした社会人としてみなされるレベル、とすると
身だしなみレベルのおしゃれで享受できそうなメリットですね。



自分に自信→
どうでしょうか…。私の経験では、好きな服を着ることで
その場限りでの自信は持てたとしても、
根源的な意味での自信は持てていません。




異性にモテやすい
→外見で足切りされない程度に整えれば、中身を見てもらえ、
結果的に成功率が上がるというのはありそうですね。


自分がどんな人間か服装でアピール
→イケイケな性格の人がセクシーな服を着ていたり、
真面目な性格の人が地味な服を着ていたりすることは多いと思います。

服装というツールを使うことで、
自分のことをよく知らない人に対して
自分がどんな種類の人間なのか説明する手間が省けます。



同性に尊敬してもらえる
→スタイリスト山本あきこさんのブログより。

女性はおしゃれな女性に憧れの気持ちを持つので
女性同士、良好な関係を築きやすいとのこと。




マウンティング防止
→>>
salucoro.hatenablog.com<<



有名なイラストレーター、さるころさんの記事です。

髪を伸ばして女性らしい格好をするようになってから、
男性からの上から目線の扱いやダメ出しが激減したのだとか。

(それが主目的ではなかったようですが、意図せず副産物的に、
丁寧に扱ってもらえるようになったという結果がついてきたみたいです)



おしゃれをしない女性に対して過剰に見下してくる男性の心理は
よくわかりませんが、

似たような話で、痴漢は反抗しなさそうな女性を狙うため
おしゃれしていると狙われにくいという話もよく見ますね。




私自身はマウンティング防止のために
おしゃれしたことはありませんが、

おしゃれすることで不要なトラブルを避けることができるなら
それも一つの選択だなぁと思いました。

なぜ、人はおしゃれをするのか

昨年、2015年の家計簿を振り返ったところ

なんと被服費に年間30万もかかっていました。

 

( ゜Д゜;)

 

およそ、給料の一割を服に使ってしまっている計算。

 

 

家計簿はつけていたけれど改めて見ると数字にショックを受け、

こんなに出費してしまうなんて、一体「おしゃれ」ってやつは一体何者であって、私はなんのためにおしゃれしているんだろう?と色々考えてしまいました。

 

 

<なぜ、人はおしゃれをするのか>

一般的には、下記2つが理由と言われることが多いような気がします。

 

①自分の気分を上げるため

 

②他人から素敵な人だと思われるため

 

 

前者について、確かにそういう面はあるのでしょう。

お気に入りの服を着て出かける時、ウキウキした気分になったことは私にも覚えがあるので…。

でも、やはり100%それだけではない気がするのです。

 

例えば「好きな服を着て気分が上がる」っていう理由にも、

ある程度は「(流行の服を着て)(周りから見て)イケている私」→「気分が上がる」のように、他者の視線が含まれているんじゃないでしょうか。

 

服が好き→着る

という順番ではなく、

 

着ていると周りから素敵に見られそう→その服が好き→着る、みたいな。

 

だとすると前者①もけっこう②に近いことになります。

 

例外として、例えばゴスロリが好きすぎて

着ていると作業効率が上がりすぎるので、

部屋でもゴスロリファッションというような場合は完全に①だと思いますが…。

 

(あと、「男性だけれど女性の服を好んで着る場合」など、他者の視線を気にしないおしゃれも完全に自分のためなので、①ですね)

 

でも、それらはおそらく少数派のパターンであって、多くの人は他人に見られることを前提として

②「素敵だと思われたいから」のためにおしゃれする人が多いのではないでしょうか。

 

ちなみに私は人に会わない日は全くおしゃれしないので、②の傾向が強いです。

 

私って人から良く思われたいと思ってるんだなぁ。。